インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

お口全体を良くすることを念頭に、その治療の意義を分かりやすく伝えます。

痛いのは1箇所だけなのに、歯科医院でたくさんの治療をすすめられて困惑する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、患者さまが末長くご自分の歯を使っていくためには、トラブルが深刻化する前にきちんと治療を受けることが大切です。患者さまに納得して治療を受けていただけるよう、お口の状態や治療について分かりやすくお伝えします。

歯周病治療に力を入れていますね。

はい。歯周病の治療は長期になりがちなので、患者さまご自身の治療意欲が欠かせません。そうした患者さまの意欲に応え、歯周ケアについてきちんとした知識に基づいてアドバイスできるよう、当院ではスタッフ教育に力を入れています。外部から講師を招き、院内で勉強会を開いて知識の向上を図っています。
当院の歯科衛生士は担当制です。同じスタッフが継続して患者さまを担当して、小さな変化を見逃すことなく、細やかなアドバイスができるよう心がけています。

患者さまの協力も必要な治療かと思いますが、患者さまに対してはどのようにして治療内容を理解していただいていますか?

初診もしくは2回目のご来院の際に、30分から1時間かけて今のお口の状態やどうして継続して治療をすることが必要なのかをお話しします。例えば、マイクロスコープによる動画で、歯がグラグラしているところをご覧いただくと、その歯を抜く必要があることがお分かりいただけるのではないでしょうか。インプラント治療をお考えの方には、歯科用CTの画像もお見せしてご説明しています。
患者さまがご自身のお口の状態や治療内容についてよく知ることで、患者さまにご納得いただいた上で通っていただけるように、しっかりご説明しています。

診査診断にはどのような機器を使い、またどのようなこだわりがありますか?

じっくり時間をかけて問診することに加え、レントゲンやマイクロスコープを使って診査診断を行っています。検査画像は、患者さまにご説明する際にも活用しています。

治療方法はどのようにご提案し、決定しますか?

いくつかの治療方法をご提案し、患者さまご自身に選んでいただきます。例えば、歯がない患者さまでしたら、ほかの歯を削ってもよいか、入れ歯でもよいか、手術は可能かをお聞きし、ブリッジ・入れ歯・インプラント治療の中から治療法を選択していきます。保険診療と既に決められている患者さまには、そのまま保険の内容で治療いたします。

衛生管理の取り組みを教えて下さい。

院内感染防止のため、衛生管理に注力しています。治療器具は超音波を使い、人の手が届かない細かなところまで洗浄します。その後、高圧蒸気滅菌器で滅菌します。
ほかに、治療台の内部に滞留した水を清潔に保つシステムや空気清浄機、患者さま用のスリッパを殺菌する機器を導入しています。

公園都市プラザわかば歯科の目指す姿とはどのような歯科医院でしょうか?

「とりあえずの処置」だけでは、患者さまの大切な歯を守ることはむずかしいと考えています。この先もしっかり噛めるように、根本から改善していきましょう。当院は、歯を長く大切にしたい患者さまとともに歩む歯科医院でありたいと思います。
お口の状態によっては、改善するまで長い間何度も通っていただくことになるかもしれません。それでもしっかり治療することで、長くよい状態を保つことができます。一緒に頑張っていきましょう。